原口総務相、外国人参政権に慎重姿勢を強調(読売新聞)

 原口総務相は14日、佐賀市での民主党佐賀県連の会合であいさつし、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について、「国会で議論すべきテーマで、政府が一方的に法案を出していいわけではない。国民新党は絶対反対だ。連立政権なので1党でも反対すると政府としては提案しない」と述べ、慎重姿勢を強調した。

 その上で、法制化に当たってクリアすべき論点として〈1〉「永住外国人」の範囲〈2〉地方自治体が行う住民投票の扱い〈3〉公務員の選定・罷免を「国民固有の権利」と定める憲法との関係〈4〉在留邦人に選挙権を認める他国との相互主義のあり方――などを挙げた。

北が送金 朝鮮学校へ460億円 半世紀以上 高校無償化に影響(産経新聞)
高木美帆選手 姉の菜那選手が世界ジュニア代表に(毎日新聞)
<クルーズ船>世界最大級「クイーン・メリー2」が長崎寄港(毎日新聞)
<郵政>654人天下り 公益法人の役職員37%(毎日新聞)
首相動静(2月13日)(時事通信)
[PR]
by vdq8c3nopt | 2010-02-19 01:19


<< 首相動静(2月17日)(時事通信) 千葉県北東部に暴風警報、高波に... >>