政府が拉致対策本部 首相「主権侵害そのもの」と北を非難(産経新聞)

 政府は18日午前、首相官邸で拉致問題対策本部(本部長・菅直人首相)を開いた。菅内閣発足後は初めての開催。首相はあいさつで10日に拉致被害者家族と面会したことに触れ、「家族の方々の30年以上にわたる、言葉に言い尽くせないご苦労を直接感じた。拉致は主権侵害そのもので、断じて容認できない」と、解決に向けた決意を示した。

 首相は過去に日本人拉致の実行犯、辛(シン)光洙(ガンス)元死刑囚の助命嘆願書に署名したことがあるが、14日の衆院本会議では「間違いだった」と謝罪している。

【関連記事】
拉致対応にみる菅首相の二面性
国民新、新党改革、社民、日本創新各党が政権公約を発表
自民が官房長官に対北朝鮮対応で申し入れ 
自民拉致特別委、人と金の規制強化を決議 
黄氏暗殺指令…韓国艦沈没と関連?! 日本の拉致問題にも波及
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

無理心中で母親死なす、「介護疲れ」62歳息子(読売新聞)
止まらぬ感染拡大、10年前の成功で油断(読売新聞)
参院選控え、警告371件=選挙取締本部設置へ―警察庁(時事通信)
<はやぶさ>技術伝承に予算の壁 財政難で後継機難航 17億円要求→3000万円に(毎日新聞)
枝野幹事長「提案を野党が拒否したから」会期延長せず(産経新聞)
[PR]
by vdq8c3nopt | 2010-06-19 01:40


農水相に山田副大臣が昇格へ(時... >>