農水相に山田副大臣が昇格へ(時事通信)

 農林水産相に山田正彦副大臣の昇格が7日、内定した。菅直人新首相は、赤松広隆農水相が口蹄(こうてい)疫被害の拡大を受け、再任を望まない考えを示したため、後任の人選を進めていた。副大臣として、宮崎県に設置した政府の現地対策本部長を務めるなど、口蹄疫問題に対応している山田氏の昇格が適任と判断した。これにより、8日発足の菅新内閣の閣僚の顔触れが確定した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕口蹄疫、えびの市で現地調査=宮崎県
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害

<民主代表選>菅副総理が出馬の意向示す(毎日新聞)
生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
【菅登板】青臭い理想論貫いて(産経新聞)
首相動静(6月1日)(時事通信)
「国民が聞く耳持たなくなった」 最後まで“宇宙人”(産経新聞)
[PR]
by vdq8c3nopt | 2010-06-08 10:05


<< 政府が拉致対策本部 首相「主権... 角川春樹氏、俳句結社誌の電子書... >>